お勉強&イラスト

iPhoneのホーム画面用アイコンを設定してみた。

ちょこっとメモがてらに...。
このサイトのiPhoneのホーム画面用アイコンを設定してみた。

・114px×114pxの画像を「apple-touch-icon.png」という名前で用意する。
<link rel="apple-touch-icon" href=apple-touch-icon.png />と記載した。
・正確にはこのブログはwordpressで動いているので<link rel=”apple-touch-icon” href=”<?php bloginfo(‘template_directory’); ?>/images/apple-touch-icon.png” />と記載。

これだけ。
意外と簡単でした。

Sony NEX5Nがやってきた

Kちゃんにデジタル一眼レフを買っていただきました!!!
こちら↓
camera
Sony NEX5N
いい感じ~。せっかくカメラを手に入れたので忘れていたお勉強をメモがてらに。
——————–
【露出(明るさ)】
・絞り(F値):
値が小さい(3.5)=開いてる
値が大きい(20)=閉じている
・シャッタースピード:
早い=光が少ししか入らないけど手ぶれしない
遅い=光がいっぱい入るけど手ぶれしやすい

【絞りとシャッタースピードの関係】

例)バケツにお水を注ぐ水道の蛇口
 バケツ:満水=ちょうどよい絵、少ない=暗すぎる絵、あふれる=明るすぎる絵
①蛇口が大きく開いていて、水がいっぱいでてる
 →絞り小さい(開いている)+シャッター早い
②蛇口があまり開いてなく、水がちょろちょろでてる
 →絞り大きい(閉じている)+シャッター遅い

【被写界深度(ボケ)】
深い:全体にピンが合っている(風景に向いてる)→絞り値が大きい(閉じている)
浅い:一部にピンが合っている(背景がボケる)→絞り値が小さい(開いている)

広角レンズは被写界深度が深くなる
望遠レンズは被写界深度が浅くなる

【レンズの数値】
例)3.5-5.6/18-55
(レンズが18mmのとき)絞りが3.5、(レンズが55mmのとき)絞りが5.6まで出ます/18mm(広角)、55mm(望遠)

【ISO感度】

どの程度弱い光まで記録できるか
絞り、シャッタースピードだけでは暗くて対応できないとき、ISOで調整
高感度になるほど数値が大きくなり、感光度が増す→暗いとき、高速の被写体をより速いシャッタースピードで撮影することができる。
例)ISO400:暗い
  ISO3200:明るくなるけど、ノイズがでてくる

力作⁈

よーやく描いていた油絵の具が完成しました。
タイトル「バラとシマリス(りぶくん)」
筆ではなくナイフで描いたのでかなり苦戦しました。
いかがでしょうか?

20110906-001941.jpg

鯛の刺身

そうそう。
私の力作「鯛のお刺身 尾頭付き」
これを見なが一杯やるのが楽しみです。

20110502-001420.jpg

にがおえ

自分の似顔絵を描いてみました。

左が私で、右がKっちゃんです。
ん~。私は本物はもっともっと怖い顔だな。

にがおえ